<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
泳ぎオサメ
new year's eveの今朝、6時過ぎに目を覚ました。
先日からの風邪のせいで、夜中に何度か目を覚ましたりしていたんだけど、なぜか今朝はすっきり感じたからそのまま起きて、まだ真っ暗の外を眺めながらコーヒーを淹れてベーグル食べた。

a0092729_22494019.jpg
ようやく空が明るくなってきた朝7時過ぎ。キッチンの窓から。

今日は日曜のアナとのプールの日だから、2006年の泳ぎ納めに行ってきました。意外にも先週のクリスマスイブの日はとても混んでいてびっくりしたけど、今朝は空いていた。軽めに気持ちよく泳げました。そして今日もまたお昼寝した。

諸行無常とはいうけれど、今年は個人的には大きな変化の年でした。
物理的な移動をしたというだけでなく、仕事・ウインド・学業再開といろいろな出会いのなかで、自分の気の持ちようもちょっと変わったように思う。相変わらずガキな面も多々ありますが。

来年はどんな年になるのか、だれも分からないけど、自分のできることを一歩一歩たまにはホップしてステップアップできますように。

ロンドンより9時間先にNew year's dayを迎えるニッポンにcheers!
よい新年を!
[PR]
by juinos | 2006-12-31 23:08 | days
年末小掃除
30日の今朝は起きたら昨日の夜半からの雨が止み、すごいよい天気だった。
急に力が湧いてきて、今日は年末の掃除を敢行することに。といってもここに住み始めてまだ3ヶ月、渡英するときに荷物は最小限に抑えてきたし、部屋にそんなに物を増やせる経済状態でもないので、今回はこの3ヶ月で莫大に増えた紙類の整理が主な目的に。
それにしてもまた大量の裏紙をつくってしまった。校正用にプリントアウトしたエッセーや設計課題の図面やら、それらの関連資料。裏紙のメモ帳にしようにも、たっぷりありすぎ。校正や試しプリント用に、時間が経てば白紙に戻る、または戻すことのできる魔法みたいな紙ができないかなぁ。

ところで、今週の水曜にジムでエアロバイクのクラスを受けてから急に体調不良に陥り、その夜からノドが痛くなって風邪気味になった。一昨日まで葛根湯でなんとかさっさと治そうと思って飲んでいたりしたけど効かず、昨日の夜から本格的な風邪薬を登場させたら、これがまたとっても眠くなる。

実は日本に最大の忘れ物、PCに落としていた音楽の数々を忘れてきてしまった。親に言っても分からなそうだから送ってもらうのは諦めているけど、たまーに思い出しては後悔に陥る。そういわけで、こっちではTVもないし、しかたないからラジオをたまに聞いてる。

そんなこんなで、今日の午前中は風邪薬による猛烈な眠気と戦いながらラジオを掛けて紙の整理をした。読まなきゃいけない書類が沢山あること。ついでに、ラジオを聞いていたら今日は夕方からまた“wet and windy”(雨で風が強くなる)ということだったので、午後は近所にそそくさと買い物に出掛け、帰ってきたところで雨が降り出し、眠気ももうピークだったので昼寝した。おかげでノドの痛みは治まったけど、ちょっと鼻風邪ぎみ。
[PR]
by juinos | 2006-12-31 06:15 | days
反省と抱負と
使わせてもらっていたexciteのスキンをもとに、今日もhtmlとcssをちょこちょこっといじってみたけど、直し終わった後になって結局自分で作成した方がもっと思い通りに簡単にできていたかもということに気づく。最近そんなことばかり。ちゃんと下調べすればよいのだけど、そう思うとついつい手が止まってしまい、結局えーいと大抵ぎりぎりになって事をやってしまってから、ああこんな便利なものがあったのかと後で思い知ること多し。仕込み(下調べ・予定組み)と行動のバランスの取り方が悪いなあと常々反省するも、来年へ持ち越し決定の課題。

この年末は働いてないし忘年会もないので、なんだか年末という気がほとんどしない。今日は今年ほとんどちゃんと記入しなかった手帳を来年の新しいのに替えてみたら、新学期が始まるまでもう来週いっぱいしかないと改めて気づいた。2週間たっぷり休養したので、もういいかげんにやることやらないと!教えを請う受動的な学習ではなくて、学びたいことを自ら探求する姿勢をもって能動的に学習すること。とは、来学期への抱負。

自己管理って難しい。
学生は「自由」で、ある意味では社会人よりも大変だな、と感じる今日この頃。
自由は、きちんとした目標をもって行動していかないと真価がわからなくなる。
[PR]
by juinos | 2006-12-28 09:31 | days
6 movies×walkings/3 days
ロンドンのクリスマスは最悪らしい

―― と、同じ留学友達のSはどうも他の友人に叩き込まれたらしく、それを何回か聞かされた私自身もなぜかちょっとした脅迫観念に駆られて、23日には最低4日間はばっちり生き延びられる分の食料を確保。でもまあ蓋をあけてみば、さすがに25日はほとんどのお店は閉まっているけど、24日と26日のボクシング・デーは食料品店は普通に営業してるし、もちろんバスも走ってる。やっぱりそうだよなぁ、完全なゴーストタウンになんてなるわけないよ、と24日に牛乳とベーグルを買い足したあとに店の営業スケジュールを見ながら気づいたアホな私でした。

それでも、西欧のクリスマスといえば家族が集ってプレゼントを渡したり、1年の幸せを集約するようなイメージが作り上げられているホリデー・シーズンで、独りふらりと異国にやって来ている身にとってはどうしてもちょっと身構えてしまうような時であるわけで。そして、同じようなことを考えている留学仲間はそれなりに周りにいるわけで。用意周到なAは、クリスマス前にDVDを6本買い揃え、これらを25-26日で観ようとグランカナリアの旅から帰ってきたら早速誘ってくれたので、そのままずるずるっとこの数日を過ごしてきた。というか、思いのほか充実してのんびり楽しいクリスマスだった。

24日は部屋の掃除をしたり大洗濯して、夕方に映画館で映画鑑賞して、夜にはワインでAとSと何回か乾杯しながらDVDの『プリティー・ウーマン』を見た。25日は、朝起きて近くの巨大な公園へお散歩。戻って午後から、オードリー・ヘップバーンの『パリの恋人』と、『ローマの休日』を途中まで。で、本日26日は短めの散歩をしたあとに『ローマ~』の続きと、更なるオードリー・ヘップバーンもの『ティファニーで朝食を』に『麗しのサブリナ』を制覇。ついでに、DVD鑑賞の途中休憩中にこのブログのCSSをちょこっといじった。
オードリーは本当に美しい女優さんだけれど、こうも一気に主演映画をみると、役が変わっても同じトーンで台詞を話しているなぁとか、時代の反映もあるのだろうけど、どの映画も似たような展開だったりするのが、どうしても目につく。。というわけで、当分オードリーはごめんなさいです。

で、映画はさておき、この2日間の散歩は、住み始めてから3ヶ月の間まだ1度も訪れていなかったHampstead Heathの公園やその近くの楽しそうなお店がいっぱいのストリートを開発できて、とても満足。この数日とも完璧なイングリッシュ・ウェザー(=曇天)が決まったなか、近所になかなか素敵な場所を発見して嬉しくなった。
写真は曇天でかなり霞んで分かりにくいけど、ロンドンの中心部が見渡せるHampstead Heath公園より。

a0092729_1027513.jpg

[PR]
by juinos | 2006-12-27 10:55 | days
グランカナリア Dec '06
スライドショー作りがなぜかなかなか上手くいかなくて、アップデートするのが遅くなりました。
ハッピークリスマス!もう日本は日付が変わっているけど。。

スライドをクリックすると、2倍に拡大されたスライドが見られます↓

①グランカナリア縦断ドライブ:Fatagaからの眺め#1
②グランカナリア縦断ドライブ:Fatagaからの眺め#2
③ウインドが盛ん(?)海辺の街Arinaga:ごはん・眺め最高なカフェ発見!
④リゾートホテル地帯Playa de Ingles#1
⑤リゾートホテル地帯Playa de Ingles#2
⑥リゾートホテル地帯Playa de Ingles#3
⑦Maspalomasの砂漠#1
⑧Maspalomasの砂漠#2
⑨ブーゲンビリアがいっぱい
⑩プチヴェニスと呼ばれる港町Mogan!

子供の頃に親に連れられて行く旅行を抜かせば、今回ほど訪ねる場所の予備知識を全く持たずに旅したのは初めてかもしれない。グランカナリアは思っていたよりも大きな島で、高層ビルの建つ大きな街あり山あり、もちろん海ありで、アメリカっぽくは全然ないけれど、さながら大西洋のハワイといった印象。気温は日中は20℃前後で期待していたより暑くはなかったけれど、何よりも海の水が日本の冬の海みたいに冷たかったのには少し驚いた(やっぱり冬だからか、それとも寒流が通っているのか?)。現地ではここはドイツ領かスペイン領か分からないくなるほどドイツ語圏のツーリストがいっぱい。宿泊したPlaya de Inglesの街ではアジア人をほとんど見かけなかった。

結局、徹夜で出発することになったグランカナリアへはロンドンから直行便で4時間ちょっとのフライト。着いた初日と2日目は休養日に充てていたけれども、なんだかんだとPlaya de Inglesの街を歩きまわる。3日目の朝にはレンタカーを3日間借りることにして、1日は島縦断のドライブをしたり、続く2日間はもうちょっと近くの南島部分の観光スポットをいろいろ巡った。
[PR]
by juinos | 2006-12-26 03:02 | trip
back from gran canaria
グランカナリアから今日戻ってきました。
ロンドンの霧はニュースで見て知っていたけど、なかなかすごいです。

7泊8日の旅はあっという間でした。スペイン最高。
スペイン語を覚えるぞ!という気になりました。ゴハンが安くて美味しくて、同じヨーロッパでもロンドンと比べると天と地ほど差を感じた。

写真は今朝のホテルから景色。またしばらく海が見られなくなります。
旅の模様はまた後日。

a0092729_9243547.jpg

[PR]
by juinos | 2006-12-22 09:46 | days
1st term 終了。
今日でようやく、早くも、一学期が終わりました。

昨日はグループ設計のプレゼン、今日は個人での設計課題の提出があったので、ここ何日かはずっと平均数時間の睡眠でたいそう疲れた。今宵は部屋に戻ったら、やっと一息つけたのでコートを着たまま数時間ベットで気を失ってました。これからパッキングして、冷蔵庫に残った生ものを使い切るために深夜に料理して食し、できたら数時間仮眠して早朝5時には旅に出ます。

目まぐるしい日々もあと5時間を乗り切れば一時休戦。バス・飛行機で爆睡したら、そこはアフリカ近くの島だよ。この寒い都市からは全く想像できない陽気なリゾートが待っていることでせう。期待大。とりあえず8日間は完全リラックス・旅モードで楽しんできます!
[PR]
by juinos | 2006-12-14 08:28 | days
風に呼ばれて?
来週13日(水)で今学期も終わるので、ただいま2つの設計課題の追い込み中。
そんななか、今日はスーウォンと冬休みの予定を立てに旅行代理店へ。

当初の目的は、クラスメイトのレナがキプロスの海辺の別宅に招待してくれたので、キプロス島への格安航空券を探すこと。でも、もろもろの条件が合わず敢えなく断念。

それならしかないと気を取り直して、じゃあポルトガルはいくら?とか、スペインの暖かいところで安いのない?とかいろいろ聞いていたら、
いいのがあった!とお姉さん。

7泊8日、スペイン・カナリア諸島はグラン・カナリア島。
飛行機・ホテル代(朝食・夕食付)込みで、1人税込199ポンド。

行ってきます。
来週、課題提出後の翌早朝出発でたぶんヘトヘトに疲れていると思うけど。

楽しみだ~!
が、旅先のことを調べる時間が全く取れそうもない。
グラン・カナリア。どこか聞き覚えがあるのだけど、そこは風乗りの島ですか?
[PR]
by juinos | 2006-12-05 08:32 | days



2O!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
uk
days
mono
trip
movie
clip
以前の記事
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧