カテゴリ:uk( 22 )
欧流休み方
2週間の休み明け早々から結構忙しいスタートだった今週。
同じグループの同僚女子が、ハネムーンにオセアニアに5週間行っているので、一緒にやってた仕事のタスクがちょいと増えた。

今月末に一応定年退職するボスは、来月いっぱいは東南アジアの旅に出て、
3月から再びパートタイムで復帰する。
と、今日は同年代のオランダ人同僚の女子と話してたら、イースターを挟んで、ブラジルに4週間休暇に行くという。

3月末のイースター休みに一緒に小旅行に行こうと、学生時代からの友人ドイツ人Uちゃんの11月早々からの誘いに、なるほどヨーロッパではこんなに早くから休みの手配をするのかと、関心していた私。
3ヶ月前から航空券を買って、直前になったら行くことを忘れてるんでないの、と自分をちょこっと心配してました・・。

いやあ、まいった。

欧流バケーションの取り方、そのスケール感、ぜひ学んで実践してみたい。
これからの目標、ひとつ追加。
[PR]
by juinos | 2008-01-12 09:18 | uk
'07 autumn
今年もまたキノコの出来を見る季節がやって来ました。
早もう1年経ったのか、という思いと
あれはまだ去年だったのか、という感じもする
2年目の秋です。
(子供の頃をカウントすると5年目。)

a0092729_152383.jpg
現在、のんびり贅沢な時間を過ごしていると友人aに羨ましがられたヒマ人は、晴れた週末は敢えて蹴って、曇った月曜(10/22)にわざわざ見学に赴く・・。
まあ、思ったとおり人は多すきず、見やすかった。

今年は、アーティストのオラファー・エリアソンと建築家はスノヘッタのシェティル・トールセンとの協同デザイン。スパイラル状に動けるようになっている建物は、ドーンと一発な設計だった去年より、色んな視点が楽しめるようになってる。

a0092729_1211648.jpg


+
[PR]
by juinos | 2007-10-25 08:23 | uk
ロンドン夜マヌケ体験
それは、45分以上を初めて走り切った木曜のことでした。
私にとっては3回目のRegents Parkでのランニング。最近は日暮れがどんどん早くなってきているので、今回はわざわざ5時半集合していつものスイスコンビと3人でスタートし、結構みんな調子がよかったので、ランニング最長記録に挑んだ後のこと。

一番に着替え小屋(the Hub)が着いたダニエラが「Oh Noooo...」と私に呼びかけ、非常事態発覚!

・・
[PR]
by juinos | 2007-10-21 01:11 | uk
異文化体験
今週仕事場で、日本語好きの上司に「くしゃみしたときのbless youは、日本語で何て言うの?」と聞かれたので、日本ではくしゃみした本人が失礼とは言うけど、周りの人は何も言わない、と説明したあと、香港出身の女の子も交えて、東西文化の違い談義に。
全然気にしたこと無かったけど、地下鉄の券売機で、チケットを購入した後に出てくる液晶の人がお辞儀していたりするのも、西洋人にはツボにハマったりするよう。

・・・
[PR]
by juinos | 2007-07-08 00:39 | uk
ついに捕らえた。
a0092729_3573837.jpg
たまに朝の8時頃アパートの前を通過するお馬の行脚。
7ヶ月経ってようやくまともな写真が撮れた。

パカッパカッって音がすると思ったら、あっという間にすごいパカパカ重奏を朝の住宅街に鳴り響かせ、ひと時の交通マヒを引き起こしつつ、優雅に歩き去っていくのです。馬はいいなぁ。

来週からはいよいよ試験。2時間×4本+3時間×2本。
終わるのが待ち遠しい。街の緑が眩しく、春満開。
[PR]
by juinos | 2007-04-28 20:04 | uk
スプリング・デビュー
サマータイムになってから日の入りが一気に1時間伸びたので、なんか春が一気に加速したような。今日は約1週間ぶりに春が戻ってきた!という感じのお天気でした。

この週末は今更ながら近所の2つのマーケット・デビュー。
金曜は家から徒歩5分の小さなマーケットで、初めて一切れのケーキとなす、プラムを買い込む。どれも新鮮で、特にプラムはとっても美味しくて、なんか毎週旬のフルーツ・野菜を買い求めに行ってしまいそうなヒット具合。

a0092729_8172052.jpg
日曜はスウェーデン人のViviに誘われて、カムデン・マーケットへ。とにかくデカイ。そして、日曜の表参道以上に人が多い。
見て→食べて(ランチ)→見て→食べて(お茶)のローテンションを場所を変えつつ行って、なんか久しぶりのザ・休日って感じの時間を過ごした。

気分はもうすっかり春入り。
[PR]
by juinos | 2007-03-27 00:20 | uk
ナイト・バス
ロンドンの公共交通網は24時間。tube(地下鉄)は夜中過ぎに止まってしまうけど、あの有名な赤い2階建てバスは深夜もnight busと呼ばれて運行している。
タクシーを使わずに安く帰るにとても便利。

基本、そんなナイト・バスには一人で乗らないようにしてるし、遅くなったといっても夜中の1時くらいまでだったりするので、普段乗るのと同じような感覚で利用できる。だけど明けの4時過ぎに一人で帰るとかだと、やっぱり多少おっかなく思ったりする。昨日はそんなビビリ体験の2回目を経験。これまたいつも、課題提出のため。

たぶん、街の景色、その空気感にどれだけ親しみがあるかで違うのだろうけど、やっぱりヨーロッパの深夜って雰囲気たっぷりでより恐く思える気がする。東京で同じ状況になっても、こうは感じないだろう。この国で珍しく便利なものは、外国女には結局あまりありがたくないや・・ なんて思ったナイト・バス体験でした。

今日のロンドンは雪がちらほら。まさしく三寒四温な日々。
明日はグループ設計課題のプレゼンです。
[PR]
by juinos | 2007-03-19 23:48 | uk
ヒナマツリ@richmond
今週は火曜にroadlightingの計算レポートの提出がありました。
提出当日は明け方のどうにも中途半端な時間に仕上げてしまい、久々に完徹してみたけど、案外1、2時間寝るよりも元気に40時間ちょっと起きてた。その日の体調にもよるんだろうけど。そもそもそんなことしないで、余裕をもって終わらせとけって感じなんだけど。

先週の3日(土)は、S井さん夫妻の自宅に招待してもらって初めてロンドン郊外のリッチモンドに遊びに行ってきた。リッチモンドはロンドンより南西に位置して、テムズ河が大きく弧を描く、リタイアした人などが多く住むと言われているのどかな高級住宅街。

a0092729_729624.jpg
お呼ばれしてもらった日の天気は最高で、午後3時の集合時間に向かう途中にお天気雨が降って、電車の中からダブルの虹を拝むことができて、マウイにいるみたいと独りテンション上がってた。着いて早速テムズ河沿いのパブでビールを飲みながら、北京以来2年ぶりに再会したドイツ人建築家のTと、初めてお会いする日本人のKさんと5人でおしゃべりを楽しむ。日が傾いてきたところでパブを後にして、テムズ河が一望できる高台まで案内してもらって、S井さん宅へ。

奥さんのTさんが特大ローストチキンを作ってくれて、ほんと食べ過ぎたくらい美味しかった。11時過ぎまでみんなで長居して、帰りのパスに乗り込む頃に月を眺めたら、満月に変な雲がかかっていて、リッチモンドは星がよく見えるなぁ、なんて思っていた。そして、自分の最寄り駅に着いてまた空を見上げてみたら、満月だったはずの月が三日月大しか光ってなくて、月食だ(!)ということにようやく気づく。リッチモンドで目にしたのはなんと皆既月食だったのでした。

今年のロンドンでのひな祭りデーは、ここ数ヶ月のウップンを一気に晴らしてくれるような、本当に楽しい一日だった。招待していただいたS井さんに感謝、今度もう少し暖かくなったらハムステッドの大きな公園でピクニックでも企画しよう。
[PR]
by juinos | 2007-03-08 23:03 | uk
この冬ヨーロッパは500年ぶりの暖冬だとか騒がれていたけれど、月曜から急にガクンと寒くなった。ロンドンは雪が降る予報もあり、帰りに通った道端には凍結防止の粉(?)が撒かれてました。すごく寒い。

冬休みに実家に戻っていた北欧圏のクラスメイトも、休み中はスウェーデンもフィンランドでも雪が降ってなかったとか言っていたけれど、最近ちゃんと雪が降ったらしい。ここへ来て一段と地球温暖化の危機感がさらに声高に聞かれるようになったようだけど、この寒さでひと安心する人も多いかもしれない。私も安心半分、暖冬カムバーックって思う気持ち半分で、複雑な心境。

今日はそんななか授業の一環で、日暮れ後の17時から2時間ばかりのロンドン・バスツアーがありました。ライトアップを見て回るツアー。
移動するバスの中からロンドンの建物を見ていて、改めてヨーロッパって歴史的な建物がとても沢山残っていて、ちゃんと使われているんだなと思った。感心するとともに、建築関係者としては、色々大変だなと慮ったり。

a0092729_6393284.jpg
それにしてもやっぱり寒い。
窓辺に机があるから、今夜は一段と冷気がパワフル。
[PR]
by juinos | 2007-01-23 21:39 | uk
sunny sunday london tour
久しぶりにすっきり晴れた日曜日。
朝8時半からAnnaと恒例のプールに行って、1キロ泳ぐ。
いったん帰って、お気に入りのTescoのベーグルを買いに行ってからブランチ。

この晴れっぷりは本当に久しぶりなので、これは絶対に出掛けなくては思い、まだこっちに来てから行っていなかったテート・モダンに行くことにする。

a0092729_17562722.jpg
バスを乗り継いで、美術館前で下車。テムズ川沿いを歩く。テムズ川の向こうに、ガーキンを始めてクリアな天気のもと視認。周りの建物より背が高くて、確実な異物感からよく目立つ。
約5年ぶりに再訪した美術館はいい感じに使い込まれた感が増していた。中に見えるスパイラル上のものは、現在展示中のアートの滑り台。

ほんとはミュージアム・ショップで友人に贈るプレゼントを探せるか期待したんだけど、本のセレクションがえらく立派で、見つからず。日曜で激込みだったので展示は全く観ずに、そのまま今度はデザイン・ミュージアムを目指すことに。テムズ川沿いをずっと歩いて辿り着いたそこでも、気に入った品は見つからず。4時頃になって日もだいぶ傾いたので、諦めた。
また川沿いをしばらく歩いて、そのままバスで帰るもなんなので、ピカデリーの日本食料品屋さんに寄って、米5キロと納豆などを買って帰る。えらくよく運動した一日でした。
どこかカフェに入って読もうと思っていた本は、結局ちょっとした重りになっただけで、1ページも開かずじまい。日曜だからいっかと自分に妥協して、疲れて早く就寝した健康的なロンドンの休日。
[PR]
by juinos | 2007-01-15 09:33 | uk



2O!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31