生き物係
そういえば、週末畑仕事でよみがえった小4の頃の思い出話しをひとつ。

カタツムリ被害は前述の通りで、ズッキーニに比べてキュウリの苗は悲しいほど成長厳しい感じなのだけど、今日その畑整備中に大きな天敵くんを発見。申し訳ないと詫びつつ、キュウリの成長願って塩ふって掛けてしまった。泡々、ちょっと苦しそうな様子を眺めていたら、幼稚園の時よくもこんな酷なことをして遊んでいたよなぁなんて思いつつ、小4のときに見た「カニの泡事件」もふと思い出した。

あれは小4の2学期、それまで三年暮らしたロンドンの現地校から千葉の学校に転校して、日本のシステムなんてさっぱり知らずにいた私は、転校早々にあった“係決め”というものが、何のことかさっぱり分からず(そんなもん英国にはなかった)、ぼーっと最後まで残ってしまった。それで余っていたのが、生き物係。その係を自動的に、もうひとり取り残された女の子と2人、(自業自得なんだけど)押し付けられた。

そんな学期に限って、メダカの飼育実験はあるし、クラスメイトがハムスターを持ってきて教室で脱走して大騒ぎになるし、また別の誰かはカニを持ってきた。そのカニの水槽を、だんだん寒くなる季節のなか、もちろんお湯なんて出ない外の水洗い場で、たまに掃除しなくちゃいけないわけで。

そして、おっかなびっくりしながら掃除していたある時、なんか拍子でカニが水洗い場のレールの底の方に落っこちて、ひっくり返ってしまった。それをもうひとりの同級生と、どうしようとギャーギャー焦っているうちに、カニさんも焦って泡を吹きだした。

水洗い場の底に、ひっくり返ったカニと泡。

あの情景は妙に脳裏に焼き付いてしまったようで(思えば、生き物係なんて金輪際ごめんだと決意させた瞬間だったと思う)、その後どうカニを救出したかはよく覚えてないけど、今の虫やらに対する拒否反応は、その頃のトラウマから来ているのではないかと。

おかげで小4の二学期でしっかり学んで、次の係決めの際にはさっさと違う係に立候補した気がする。今となっては懐かしい思い出だけど、というわけで、どうかカタさん私の作物に寄り付かないでください。祈
[PR]
by juinos | 2009-08-03 05:54 | days
<< 暑中お見舞い 収穫! >>



2O!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
uk
days
mono
trip
movie
clip
以前の記事
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧