言語情勢はいかがなる?
先日、打ち合わせ帰りに英国人上司と世間話をしたときのこと。

会社で外国語を習えるので、私がスペイン語を習おうか、それともやっぱり中国語の方がいいか、なんて話をしていたら、上司のコメントは、
「でも、中国語は(英語とバイリンガルで)もう何千万と話せる人がいるよ」と。

英語を母国語とする人種は強気だなーと、なんか驚き半分、そういう発想もあるのかと、感心半分、複雑な気分になったのでした。
まあ、アルファベット圏の人には漢字は大変だろうし(その点、日本人には少しハードルが低い)、中国と日本は西欧からすると「Far East」の地だし、仕方ないことなのかもしれない。

そもそも私の場合、今は第二外国語を習うよりももっと英語のボキャブラリーを増やして会話術をみがいた方がいいのかもって思う。(日本語もだけど。。)
軽いプレゼンで言葉が飛んだ。相変わらずの反省なり。
[PR]
by juinos | 2008-05-31 07:32 | days
<< 心地よい疲れ weekend parks >>



2O!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31