Feverish
木曜、数年ぶりに熱が出た。たぶん微熱だけど、体温計がないのをいいことに、数字に変な説得力をもらうことなく、さっさと就寝。
翌日は大丈夫だと思って会社に行ったものの、午後にはかなり停滞した動きになり、食欲も失っていたので夜は食べずに寝てしまった。

この2日間、平日とはいえたっぷり眠ったので、もうすぐ完全復活する見込み。
比較的穏やかだったこの1週間を終えて、来週から3月半ばまで、第二ラウンドの戦い再び始まる。日が延びたり、花が咲いたり、外では春の息吹を着実に感じるようになったこの頃、私ももうひと踏ん張りして春を迎えよう。

「・・建築家はいかにスピードの渦から逃れられるか、そして自由でいられるか、その方法を常に模索しなければなりません。そのために、われわれは自らの建築のスタイルを固定せずにいたいと考えています。」
J.Herzog interview(新建築0712)

時代に乗り、時代を創りだしているアーキテクトは、その潮流をピタリと言い当てているなあ、と感心した2月最後の週末かな。
[PR]
by juinos | 2008-02-24 05:35 | days
<< うるう 再生する週末 >>



2O!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31