花を植える
5月になった。
去年、会社のクリスマス・パーティーのシークレット・サンタでもらった野菜の種を植えようと、堆肥を買いに土曜の昼から近所のお気に入りのガーデン・センターへ行った。

とにかくこのガーデン・センターは、私が今まで日本やイギリスでみた他のどの園芸店よりもすごい。何がすごいって、品揃えもさることながら、夏場でも冬場でも、まるで秘密の花園にやってきたように感じる密度の濃いディスプレイが素敵なのである。

で、堆肥を買いに行ったのだが、5月のガーデン・センターは春夏用の花と草木で溢れていた。色とりどり、世界にはこんなにも多種多様な植物があるのかと、すっかり興奮して店内敷地をグルグル回る。正直、どこかの熱帯植物園に遊びに行くより、見入っていたと思う。

ガーデニング大国というだけあって、イギリスでは老若男女みんなが、各々好みの草花を選び、組み合わせを考えて買い物している。そんな姿に、花に、私もすっかりインスパイアされ、つい色違いも含め8種類、15株もの草花を買って帰った。

春先にかわいい花を咲かせてくれたチューリップやらの球根を整理して、さっそく鉢に寄せ植え。堆肥を混ぜたり、雑草を引っこ抜いたりして、野菜の種も無事植えた。

a0092729_4483555.jpg
a0092729_449199.jpg
a0092729_4495038.jpg
以下、植えたものメモ。

丸鉢:
Geranium - Royal white x2 (ゼラニウム)
Diascia - Apricot  (ディアスシア)
Bidens ferulifolia - Golden star (ビデンス・フェルリフォリア)
Nepeta Hederacea Variegata (斑入りグランドアイビー?)

長鉢:
Nemesia - Mirabelle x2 (ネメシア)
Impatiens - Double purple (インパチェンス)
Impatiens - Double apple blossom

前庭:
マリーゴルド x6
レタス、ラディッシュ、コリアンダーの種

これで、夏の楽しみの仕込みが一部完了。
気づけばいつのまにか、家庭菜園とガーデニングにはまってる。
[PR]
# by juinos | 2011-05-08 05:50 | days
春に想う
大震災から1ヶ月半が過ぎた。
さまざまな現実を見せつけられた、長い1ヶ月半だったような気がする。
今もまだ何かを消化しきれないような、ふつふつと気持ちで、遠く離れた日本の様子を日々見守っている。
ロンドンの日常は何ら変わらないのに、あの日以来、自分はどこか変わっていってるように思う。何か杭を打たれたような気持ちで、今は何もできない分、将来を見据えて行動していこうという想いが一層強くなった。

このブログにも何を書けばいいのか迷い考え、結局何も書けないでいた。このまま書かずにいることもできないし、かといって何も触れずに脈絡ないことを書き出すこともできないと考えていたら、49日が経った。

これから日本は、世界は、さらにどんどん変わっていくだろう。
21世紀を生きる人間として、今できることを精一杯する。生かされている命を、楽しく生きる。そんな想い新たに、春を迎えている。
[PR]
# by juinos | 2011-04-30 08:07 | days
最近のこと
そろりそろりとロンドンも春を感じる今日この頃。
今週は、去年の春から山あり谷あり、ずっと関わってきた巨大プロジェクトの本締め週間で、昨晩は最後の打ち上げパーティーだった。

去年からほぼこの仕事に振り回された、と言ってもいい9ヶ月間だったかもしれない。特に、秋の始めに一旦計画が白紙に戻り、規模が縮小されて(それでもデカイ)計画が復活してからの、この4ヶ月はかなり密度の濃い、今になって思えば得難い経験をした。

+
[PR]
# by juinos | 2011-02-27 05:00 | days
-12℃
早速だったけど、今年の初出張は、ひとり日帰りオスロでした。
初めての冬の北欧。外は雪が降ったり、-12℃の世界。
前日に調べた予想気温が、最高-7℃/最低-21℃というのを目にしたときには仰天したけれど、当日はその間くらいの気温でほんとよかった。

思ったよりも打ち合わせは順調に行って、帰りのフライトまで時間があったので、事務所からオスロ駅までのんびり歩いてみたり。思い切り重ね着して備えていたから全然寒くなくて、外の寒さが気持ちよかった。
逆にロンドンに戻ってきたら、いきなりの気温20度差に、汗が出た。

今回、何よりも印象的だったのは帰りのフライトで見た景色。
上空で、水平に降って見えた雪。闇をバックに、白い線が幾重にも流れるようで美しく、すごいスピードで。目が離せなかった。
[PR]
# by juinos | 2011-01-16 08:14 | trip
さて、2011。
1月ももう半ばで、今年もどんどん時間が過ぎて行ってしまいそうな予感のする、2011年。たった10日前に冬休みから戻って来たばかりなのに、もういつの話だっけ?という感じがするのはなぜだろう。

時間は待ってくれない。
だから、その時間をいかに濃密に、効率よく使うかなんだけど、なかなかそう思うとおりには人間変われないものだ。それでも、去年から自分を取り巻く状況がなんとなく変わってきたように感じるし、失敗してもいいから挑戦を恐れず、今年も何かしら変化を起こしていきたい。
[PR]
# by juinos | 2011-01-16 06:04 | days



2O!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31